東匠ハウジングのリフォーム部門は、LIXILのリフォームチェーン店です。
LIXILリフォームショップ東匠ハウジング

トップページ

コンセプト

お取扱品目
●バリアヘルスコート
●ICAS工法
●耐震診断
●新築二世

リフォーム施工事例

よくあるご質問

ブログ

スタッフブログ

新築・リフォームの現場監督が専門知識&経験を活かし、工事例や商品の紹介などをしています。

東匠☆日記

東匠ハウジングのスタッフが社内のできごとなどを勝手気ままにつづっております。


マイナスイオンで健康生活『ICAS工法』
ICAS工法の特長
 
ICAS工法とは、空気中のイオンバランスを調整し、空気を通して健康な体づくりをサポートするものです。
自然素材の塗料「バリアヘルスコート」と合わせることでマイナスイオンのお部屋に
 
1. 血液
マイナスイオン(抗酸化粒子)の多い空気を摂取することにより、赤血球は常に電子バランスが安定した状態になります。そのため、赤血球同士が離れ、血液がサラサラになり、さらに新陳代謝、糖代謝が活発になります。ビタミンB群の消費が少ないため、老廃物などの分解活動がスムーズに行われます。
2.
抗酸化環境がつくり出されるため、水などの酸化も抑えられます。たとえば、普通環境(電位450mv)と抗酸化環境(電位250mv)では、水を容器に入れて1週間放置しても、抗酸化環境ではほとんど変化見られません。
3. 空気改善
プラスイオン(酸化粒子)の少ない、マイナスイオン(抗酸化粒子)の多い環境を生み出します。空間の空気はマイナスイオン(抗酸化粒子)で満たされます。空気中に浮遊しているプラスイオン(酸化粒子)を帯びた物質は、壁に吸着され、快適な空気環境になります。
4. 抗酸化
マイナスイオン(抗酸化粒子)を摂取することで、体内の酸化が抑制されます。ラットを用いた実験で脳の酸化が抑えられる効果が出ています。
本データーは臨床試験データではありません。結果には個人差があり、必ずしも同一の効果が望めるものではありません。
ICAS工法の仕組み
 

室内にマイナスイオン(抗酸化粒子)が満たされ、それが均一に広がっている。それが「ICAS環境」と呼ばれる理想的な空間です。
「HW=ICAS」は、お住まいをそのICAS環境にするシステムで、正の電荷を帯びたプラスイオン(酸化粒子)を壁が吸着し、室内にマイナスイオン(抗酸化粒子)が広がります。
液状活性触媒炭『バリアヘルスコート』を壁に塗布することにより、炭の効果で壁はマイナス電位を帯びるため、部屋の空気中に浮遊しているホコリ、VCC、タバコの煙、花粉、ハウスダストなどのプラス電位をもつ物質を引きつけます。

ICAS工法施工例
 
屋外に埋め込んだアダプターは、地球が持っている電子を溜め込み、アダプターからラインを通って、室内の壁・天井に塗布された液状活性媒体炭『バリアヘルスコート』に電子を供給し、帯電します。
ICAS工法の健康効果
 
ICASの効果は、さまざまな学会でも検証されています。
同じ環境の2部屋におけるICAS工法の住環境とそうでないもので、入室前と入室2時間後の血液を検査したところ以下の4点で数値の変化が見られました。
(個人差はあります)
血液中の乳酸値の降下 血液中の血糖値の降下
血圧の測定の減少 赤血球凝集抑制効果の改善
 
その他お取扱品目 バリアヘルスコート ICAS工法 耐震診断 新築二世